マイレージ利用例&上級会員優遇例のご紹介などパート13
事例44:NHのマイルでANの無料航空券 TAKEさん
予約:AN無料航空券
昨年末、その年の暮れで切れる全日空のマイルが、自分と女房の間で約4万ずつ。アジアへの無料航空券も考えたが、お互いに6万マイル以上あることもあり、行き先をビジネスクラスでのオセアニアに決める。オーストラリアにするかニュージーランドにするかかなり悩んだ。
東京在住なので、便利なのはNZ。しかし、サービスと言う点では関空発着のAN。最終的には前年に訪問したオーストラリアに決定する。行き先が決まったのが11月頃。しかし、その時期では年末年始は当然のごとくチケットは取れない。
とにかく年内に発券する必要があるので、日程を組むのに苦しむが、3月の連休がらみでなんとか休みが取れそうなのでここに日程を決める。さっそくNHに電話。他社の無料航空券の場合、いったん予約は預かりになるのが普通だが、ANの場合、電話での応答をしている間に結果が出てしまう。共同運送便だからかどうかはわからないが、スグ答が出て、結果はスンナリOK。
即発券となった。その際にオーストラリアのビザも依頼する。手数料は2000円強。
苦労:
同じアライランスとはいえ、他社便の場合は全日空に限らず席の事前予約ができない。それと、日程の変更ができないので、急用で行けなくなったときは全て水の泡になってしまうこと。加えて、東京−関西間は自分で別手配になってしまうので、出費がさらにかさむ。
得:
やはりANのCクラスのサービス水準はかなり高い。それが無料で味わえるというのは、これ以上ない「得」であろう。
ひとこと:
日程を完全に決めなければいけないのは大変ですが、6万マイルでCクラス航空券というのはおいしいと思いますよ!
事例43:UAのマイルでLH・FRA-KIXファーストクラス 新ちゃん
予約:LH無料航空券
スターアライアンス世界一周航空券を2週間で使い切るのももったいないと思い、ヨーロッパから無料航空券で一旦日本に帰国することを考える。検討したのは、NHのLHR-NRTとLHのFRA-KIX。検討時期が3月だったので夏休みをいつ取れるか想像もつかず、ブラックアウトの無いLHの方を選択。(ブラックアウトが無いので、スケジュール変更も柔軟にできるので)
LHは、欧州ー北米路線にはブラックアウトがあるが、日本路線には無いので民族大移動の時期にはありがたい。
早速、UAに電話を入れその場でOKが出た。
苦労:
特別なし
得:
昨年のUAお詫びマイルのおかげ。本来ならビジネスクラス利用だったかも。
ひとこと:
ブラックアウトが無いのは魅力ですね。一旦発券すると利用区間は変更できないけどスケジュールの変更は、席があれば可能なので。


 


 
空港無線LAN情報マイラーな日々LAS VISIT | Let's Go MLB |マイルで行く世界遺産 |