ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

マイレージ利用例&上級会員優遇例のご紹介など

事例221:スカイマイル改悪前に発券  投稿者:SHIGEさん

予約

デルタのスカイマイル改悪前に、GWの羽田〜ラスベガスが6万マイルでとれました。
(現在は7万マイルになっています)

羽田〜LAX〜LAS の往復で発券。
その後、帰りをビジネスクラスにしようと、追加3万マイル(合計9万マイル)で
往路:HND〜LAX〜LAS 復路:LAS〜PDX〜NRT に変更しました。

ところが、デルタの羽田便が6月まで運休とのこと。
また、ポートランド便も間引き運行で帰国日は運休になり、変更された経路が
LAS〜PDX〜MSP〜NRTなのだが、PDX到着前にMSP行きが出てしまうという
お粗末な変更プラン。

最終的に
往路:成田〜LAX〜LAS(Y)、復路:LAS〜LAX〜NRT(C)に変更。
羽田と成田の空港利用料の差額は徴収されませんでした。 






苦労した点

何度もデルタの予約課に電話して変更しました。
また、往路のNRT〜LAX間が1時間遅れに。
プライオリティタグのついた手荷物も出てきたのは最後のほう。
乗り継ぎ便のゲートクローズぎりぎりになんとかまにあいましたが、
(すでに後続の便に変更されていたようでした)
他の乗客は乗り継ぎできなかったようです。





 


得した点

往路のNRT〜LAX間がオーバーブッキングでビジネスクラスにUP。
北米線をビジネスクラスで往復だと12万マイル必要なのですが、
9万マイルですみました。
特典航空券でもUPされるようです。













←事例222 事例220→