マイレージ利用例&上級会員優遇例のご紹介などパート6
事例24:名古屋−ナンディ(フィジー)Y無料航空券 きーこさん
予約:
2000年3月中旬、UAのマイレージを使って4万マイルフィジー行き(NZ)特典を利用した。
真冬の寒さに果てる2月中旬、ほんの思いつきで南国バカンスを目指すべくUAに電話。
10日後の名古屋−ナンディ、戻りを1週間後にしてあっさり予約が入った。しかも2名分。
この時、NZに確認することもなく確定されたのがギモンだった??
出発日も近いので、即発券・郵送となる。週末をはさんで6日後、内容証明にて郵送された。
苦労:
特になし。
強いて言うなら、航空券がスムーズに郵送されるか気になったくらい。
過去に受取りでトラブルがあったらしく、なるべく直接受取りに来てほしいと言われたので。
遠方でムリだと言うと「では、お客様の責任にて郵送させていただきます」とクギをさされた。
確かに何事も絶対はないが、、、やっぱりEチケットは便利だ〜。
得:
・直前でも、すんなり特典旅行の予約が入ったこと
・超搭乗率の低いフライトで、機内でもラクラク♪
・日付変更にも対応
実は出発日前日、突如出発できない状況になり、日付変更を余儀なくされた。
「明日のフライトをキャンセルして、往復それぞれ5日後に変更したい。」
と申し出たら「変更可否は、今から24時間後に確定される」と言われた。
変更やキャンセルが直前である場合、そのような対応がされると説明された。
空席情報から判断して、混み具合がそれほどでなければ、ほぼOKが出るとのこと。
案の定、往復共に問題なく変更できた。
提携会社でも、NHは1週間前までの変更しかできないらしいので、ほっとした。
一言:
4万マイルのフィジー行きは、かなりお得度高し!ではないでしょうか。もちろん個人の嗜好はありますが、、、
NZは本来オークランド行きで、フィジーのナンディはトランジット地になるため、いまいちマイナーなフライト?かもしれませんね。とにかく、予約の入りやすさには驚かされました。
以前UAのアメリカ行き特典を利用したことがあり、予約確保にひどく悩まされたことがあります。
それを思うと、10日前でもこのスムーズさ!あまりにものあっけなさにとまどってしまいました。

名古屋発であったことも一因かもしれませんが、毎日就航ではないとはいえ(東京・大阪から週2、名古屋から週3)現スケジュールでは、1週間程度の旅が可能です。
特典旅行最大のネック、予約確保の難しさから言えば、同じ4万でのホノルル便には忍びないくらい。
予約の入りやすさは雲泥の差ではないでしょうか。全体の搭乗率が違うホノルルと比べるのもヘンですけど。

この状況なら、直前の予約にも対応できる可能性が高い路線だと思います。
ちなみに出発前に問い合わせた時、3月上旬の名古屋−ナンディ便は100席以上の空席があり、
戻りの便も連休最終日とはいえ、30席以上空席とのことでした。
事例23:無料航空券(関空〜サイパン)Chun_Chun_Chunさん
予約:
前投稿と同じ者です。家族が同じく AirFrance(AF) 3回渡仏で
ボーナス+フライトマイル=6万たまりました。

無料航空券にして、友人にひきとってもらいました。

→AirFrance は提携JL路線の無料航空券も可能なので、
 関空〜サイパン往復 3万マイル×2 を発券
苦労:
1)マイルの期限。
  期限が99年12末につき、アセっていましたが、
  年末に電話で、00年2末まで臨時に延長とのアナウンス。全然しりませんでした。
  おかげで2月中に友人とハナシをつけ、予約ができました。

  ただし書面で案内がきたのは、2月、、^^;  AirFrance はDMもHPも
  他社に比べ、全然発達していないので、電話できくしかありません。

  ただ2月に、00年12月までの予約・発券をすればよいので、それは助かりました。

2)マイルの積算が遅い。連絡もとろい。必要な説明がない。
  最後59,500ぐらいまでいったので、提携ホテルマイル500がつくのを
  年末まで待っていましたが、積算は2末でした。

  ホテル利用は9月、
  →10月のステイタスで未積につき連絡、まとめて処理するので
   1〜2ヶ月かかるとの説明に納得。12月に間に合うだろう、とのハナシ。
  →12月末に連絡しても、まだとの返事。
  →1月にまた(私はしつこい)連絡すると、「急ぎと聞いていないので、8月の処理の
   次は2月末の予定です。まだ処理されていない」との返事。おーい!!

  その500マイルを頼みにしている事を説明するが、「急ぎときいていません。コンピュータに
  急ぎという指定記録がありません」との返事。
  担当者名を伝えると「私ですが、そんなハナシは。。。聞いていません」とのこと。出したFAXには
  概略で、急ぎの事は電話でいったので、ちっ という感じです。

  ひとことも済みませんとか申し訳ないですねぇ、というビジネス決まり文句も言わないのは、
  事務所の方針なのか、外資系だからか、おねぇさんがそういう性格なのか、しょせんただ乗り客と
  見下されているのか? 

  →2末、いよいよ発券せねば、、、で手段を逆用して、6万いってなくても発券してやる!
   と発券依頼。最初「足りません」との返事だったが、もうすぐ来ますから、と
   発券してもらえた。よかった。(数日後あわててホテルマイルの処理をしてもらえた)

  相手にあわせた交渉が必要なよーだ。
得:
得: JLでためて、無料券にひきかえようとすると、難点がある。
*AFよりハードルは低く見えて、積算がなかなか。50%とか70%なので。。。
*いざ予約がかけられない。会員が多いので人気路線は埋まっている。

それと比べ、AFでは、3万は遠くみえても100%でしっかりたまる、ボーナスも多い、
予約もあっさりかけられてヨカッタです。

欧州2往復+ホテル・カードやボーナスで、3万ぐらいはすぐたまります。

なお、Air France VISAカードは、年会費1300円ぐらい、マイル換算費用も特に不要、
おとくでした。

券を第3者に譲れる、というのも助かりました。
一言:
キャンペーンなどのアナウンスが遅いので、とにかくマメに連絡する。
電話できく、書面で依頼する、どうなったか追いかける、など。

あと末端担当者でらちがあかない時は、他の担当者や上の人にかわってもらう。

事例22:ConcordeとFクラスの無料航空券を獲得しました concordeさん
予約:
BAのコンコルドとセミコンパートメントのフルフラットシートが忘れられず、
97年の時と同じように、ひたすら全日空に乗りました。
それでも15万マイルのハードルは高く、出張が一切ない会社員にとってはそれこそ
雲をつかむような話しです。
搭乗マイル以外はクレジットカードの利用でポイントをコツコツと貯めました。
デパートは西武、ガソリンは日石、忘年会・新年会・歓送迎会の支払いもカード。
高額商品を購入する予定の知人に頼んでカードで支払う。
そんな努力が実り、約2年半で15万マイルを獲得しました。

利用はNHのGETと合わせて2回の海外旅行に使いました。
99/7 NRT--NH--JFK--BA(Concorde)--LHR--BA(First)--NRT
99/8 NRT--BA(First)--LHR--BA(Concorde)--JFK--NH(プラチナUGチケット利用でCクラス)--NRT
予約は取り易いようで、全て希望の日程で確保。
チケットが手元に来てからBAに電話して希望の座席番号を指定しました。
(ただし、BAのオペレーターによっては無料航空券での座席指定はFクラスでも不可と言われる。)
苦労:
周りのみんなに笑われ、あきれられ、
地味な努力をたくさんしたことが、苦労でしょうか。
出張のある会社員がうらやましいです。
悔しかったこと:
BAがコンコルドのキャビンを一新するようです。
しかしNHとの提携が終わってしまったので、多分もう乗れない。
(Fクラスよりも高い運賃は、とても個人では支払えません)
得:
前回も書きましたが、「コンコルドに乗ると1日に2回夕日が見られる」でしょうか。
一言:
遠くで貯めて近くで使うのがマイレージの鉄則(?)らしいですが、
たびたび休みが取れない私はどうしても今回のような贅沢な使い方になってしまいます。
15万マイルでもらったチケットの価格は240万円程度のはずです。
単純に損得勘定で計算するなら2万マイルの小旅行を7回するよりもお得です。


 
空港無線LAN情報マイラーな日々LAS VISIT | Let's Go MLB |マイルで行く世界遺産 |