ANAマイレージクラブ・ルール改定を分析(3)



2012年11月5日ANAから2013年マイレージクラブのルール改定が発表されました。
プレミアムポイントの路線倍率が1.5倍に変更される国際線アジア路線と路線倍率据置きの日本路線についてできるだけ費用をかけずにプラチナメンバー(スターアライアンス・ゴールド)になる路線を調べていきます。

エリート資格の対象となるプレミアムポイントの計算方法はこれまで通りです。

プレミアムポイント=区間基本マイル×クラス・運賃倍率×路線倍率+搭乗ポイント

つぎにルール改正を整理します。

1.アジア路線の路線倍率が1倍から1.5倍に(2013/1/1〜)その他路線は据置き。
2.国際線は、クラス・運賃倍率が細分化される(2013/4/1〜)


クラス 予約
クラス
現状 2013/
4/1〜
ファーストクラス F,A 150% 150%
ビジネスクラス J 125% 150%
C,D,Z 125% 125%
P 125% 70%
エコノミークラス Y,E 100% 100%
B,M 70% 100%
U,H,Q 70% 70%
V,W,S 70% 50%
T 50% 50%
L,K 50% 30%

赤字:改悪 青字:改善



日本国内で安くプラチナメンバーになれる路線と航空券

2012年から新たに設定が加わったプレミアム旅割28のクラス・運賃倍率は、1.25倍
その他は、これまで通り据置きです。
以下は、3つの路線でプラチナメンバーになるために必要な区関数と費用一覧です。

羽田−伊丹(関西,神戸)
運賃 1区間で
獲得できる
プレミアムポイント
5万ポイント
獲得に必要な
区間数
1月中旬の
平均的な
運賃(円)
総費用
(円)
プレミアム 1,240 41 28,670  1,175,470 
プレミアム特割28 1,100 45 20,870  939,150 
特割 820 60 13,670  820,200 
旅割55 420 119 11,070  1,317,330 

羽田−福岡
運賃 1区間で
獲得できる
プレミアムポイント
5万ポイント
獲得に必要な
区間数
1月中旬の
平均的な
運賃(円)
総費用
(円)
プレミアム 2,101 24 42,870 1,028,880
プレミアム特割28 1,817 28 31,270 875,560
特割 1,205 42 24,070 1,010,940
旅割55 850 59 13,470 794,730

羽田−沖縄
運賃 1区間で
獲得できる
プレミアムポイント
5万ポイント
獲得に必要な
区間数
1月中旬の
平均的な
運賃(円)
総費用
(円)
プレミアム  3,352  15 46,970  704,550 
プレミアム特割28  2,860  18 38,970  701,460 
特割  1,876  27 29,000  783,000 
旅割55  1,476  34 13,870  471,580 


成田−シンガポールでプラチナメンバーになるには

ANAマイレージクラブ・ルール改定を分析(1)ANAマイレージクラブ・ルール改定を分析(2)で成田−シンガポール路線がプレミアムポイントを比較的貯めやすいとわかりました。
その成田−シンガポール路線単純往復でプラチナメンバーになるにはどれぐらい必要か以下の表をご覧下さい。

成田−シンガポール(ANA 「エコ割」予約クラスSの場合)
運賃 1区間で
獲得できる
プレミアムポイント
5万ポイント
獲得に必要な
区間数
平均的な
往復運賃
(円)
総費用
(円)
2013/1/1〜3/31 3,477 15 61,420 491,360
2013/4/1〜 2,484 21 62,500 687,500

伊丹−成田−シンガポール(ANA 「エコ割」予約クラスSの場合)
運賃 1区間で
獲得できる
プレミアムポイント
5万ポイント
獲得に必要な
区間数
平均的な
往復運賃
(円)
総費用
(円)
2013/1/1〜3/31 4,037 13 61,420 429,940
2013/4/1〜 3,044 17 62,500 562,500


まとめ


日本路線では、羽田−沖縄を旅割55で利用するのが最も安くプラチナメンバーになれます。
ただし、17往復必要。

以外に安いのが成田−シンガポール。
ただし、ANA 「エコ割」(予約クラスSの場合)滞在期間2日の条件がありホテル代などが必要に。
それを考えても羽田−伊丹,福岡よりは安い費用でプラチナメンバーになれますね。

さらにANA 「エコ割」の場合、大阪,名古屋発では追加料金なしでシンガポール往復が可能。
国際線航空券の国内区間は、成田−大阪片道のプレミアムポイントが560ポイント。
追加料金なしで往復1,120ポイント加算は大きいですよ。
なんと伊丹−成田−シンガポールだと最短7往復でプラチナメンバーに。




〔関連ページ〕
ANAマイレージクラブ・ルール改定を分析(1)
ANAマイレージクラブ・ルール改定を分析(2)