ビジネスきっぷはANA JALどちらがお得

 
ANAのプレミアムパスは美味しい?
全日空が先日まで発売していた「プレミアムパス」についてまとめてみました。
「プレミアムパス」は、プレミアムクラスを1年間搭乗回数無制限で利用できるパスで300万円。
1日に同一路線を1往復できるがそれ以上は不可。
マイルは搭乗マイルに加え基本マイルの100%が加算される。
もちろんエリート会員対象ポイントも加算される。
上級会員のボーナスマイルも加算される。
これらを踏まえてマイラー的計算を行ってみた。

この計算には以下のルートに搭乗したとする。

便名 区間 区間マイル 獲得マイル プレミアムポイント
ANA051 羽田(08:00)−札幌(09:35) 766 1,532 1,933
ANA1714 札幌(11:40)−関空(13:45) 1,002 2,004 2,404
ANA1735 関空(14:10)−沖縄(16:15) 1,107 2,214 1,107
ANA462 沖縄(18:10)−広島(19:50) 975 1,950 2,350
ANA688 広島(20:40)−羽田(22:00) 621 1,242 1,642

平会員の場合、上記フライトで8,942マイルが獲得できる。
また、プレミアムポイント(エリート会員対象ポイント)は、9,436ポイント。
つまり上記ルートを11回搭乗するとダイヤモンド会員資格獲得。

7月1日から搭乗を開始し7月中にダイヤモンド会員資格を取得したとすると9月にはダイヤモンド事前サービス(区間マイルの125%がボーナスマイルとして加算)を受けることができる。

7月,8月は平会員で9月以降ダイヤモンド会員で獲得マイル数を計算する(単位:マイル数)
毎日 週6回 週5回 週4回 週3回 週2回 週1回
4,957,297 4,246,397 3,541,086 2,835,775 2,130,464 1,425,153 719,842

1マイル2円の価値で計算すると週2.4回以上飛ぶと300万円以上となりそれ以上飛べば飛ぶほどお得。

ANAご利用券で計算する(改悪後のルール12,000マイルで15,000円分) (単位:円分)
毎日 週6回 週5回 週4回 週3回 週2回 週1回
6,195,000 5,295,000 4,425,000 3,540,000 2,655,000 1,770,000 885,000
全マイル数をANA利用券に交換すると週4回飛べば確実にお得である。

次にEDYや楽天などのポイントに交換すると(基本的に1万マイル1万円分)
獲得マイル数がEDYなどで使える金額になるので週5回以上飛べば飛ぶほどお得。

1日乗り続ければ食事や飲料代はほとんど必要ありません(笑)。全ては機内で済ませられます。
手持ち資金と時間に余裕がある方、もし今後「プレミアムパス」が販売されることがあれば検討されてみてはいかがでしょうか。
アメリカン・エキスプレス

マイレージ情報カードでマイレージマイレージ利用例MileRace2010空港無線LAN情報マイラーな日々