UA862便(SYD-SFO)
 
朝8時にメールをチャック。いつもならフライト情報もチェックするのだが、シャワーを浴び荷造りをする。
10時にチェックアウトを済ませ、タクシーで空港へ。空港には、10時25分到着。
13時15分のフライトまで3時間弱もあり、ファーストクラス・ラウンジでこの日の朝食と溜めていたメールの返事をする予定だった。
1Kのタグを付けたスーツケースを転がしながらUAチックインカウンターに近づくと、コンシェルジェが走って来た。
ロサンゼルスへ行くと告げると、16時20分に変更になっているという。
それでは、困る。今日はイチローの試合を観戦する予定なのだから。
コンシェルジェに11時に出発するサンフランシスコ行きに変更は可能か?と聞いたところ30分あるので大丈夫だとの回答。
チェックインカウンタで搭乗券を出してもらっている時に、コンシェルジェが私の出国カードを書いてくれている。
サインと今日の日付を書きこむだけだった。この間に、手荷物にはファーストクラスのタグを付けてくれていた。
チェックインカウンタのお姉さんが「ビジネスクラスからのアップグレード処理が出来ない。搭乗ゲートでしてもらってください」
搭乗券とシステムワイドのアップグレード券を持って出国審査場へ。ここまでは、コンシェルジェが案内してくれた。
後は自力。59番ゲートに着くとファイナルボーディングコールが流れる。
ゲートでアップグレード処理をしてもらい10時50分5Eの席に着いた。
短い時間でスーツケースが無事に積み込まれているか心配に。
UA862便(ボーイング747−400)は、サンフランシスコへ向け11時に出発した。
今日のファーストクラスは、満席の14名。その中で1番に食事を聞きに来てくれた。
食事は、チキンを選択。
前菜のホタテとポテトのホワイトソースから初まりサラダもチキンも美味しい!最後のアイスクリームで完璧。
クルーのスマイルもあり、100点に近いサービス。でもチョコは無かった。
どうして日本路線に、この味付け、こんな美味しいメニューがないの?最後は腹が立って来た。(爆)
ところで、今回のフライトは12時間30分の長いフライト。
2時間ほど寝て、しばらくはパソコンでここまでの状況を整理していると、また事件?
5Aと5Eの間にある通路に隠された秘密のドアを開け機長が降りて行った。
機長は、この下にワインセラーがあるんですよ!と言って笑わせてくれる。
実は、今回音楽、映画ともある所まで行くとリセットされるトラブルがあった。
この為、客席の下にある装置を見に行ったのだ。
さて、サンフランシスコ到着の1時間30分前に朝食開始。
今度も美味しい。はずれのないUAなんて考えられない。やはり日本路線だけ冷遇されているのだろうか。
UA862便は、6月20日7時10分サンフランシスコ空港に到着。
心配していたスーツケースは、一番に出て来た。
1Kセンターでオークランドまでのタクシー代を交渉に行ったが締まってた。
仕方がないので、シャトルバンでオークランド・エアポート・ヒルトンに向かう。
途中、飛行機の中から何度も見ていたベイ・ブリッジを通過。ヒルトンには、9時30分に到着。
部屋にイーサネットが引かれていて嬉しい。高速でネットに接続できる。
これから4時間ほど寝た後、球場に向かう予定です。
今確認したところ、当初乗る予定だったUA816便は、217分遅れでシドニーを飛び立ったようです。